「ビジネス英会話」カテゴリーアーカイブ

コロケーションとは文法用語で…。

オーバーラッピングという練習法を使うことにより、ヒアリング力も改良される根拠は2点、「発音可能な音は聞き分けられる」ためと、「英語の処理時間が短くなる」ためと言われています。
「周囲の目が気になるし、海外から来た人に会っているだけでストレスを感じる」という、ほとんど日本人だけがはまっている、これらのような「メンタルブロック」を解除するだけで、英会話はやすやすとできるようになるものだ。
いつも暗唱していると英語が、記憶の中に溜まっていくので、早口でしゃべる英語での対話に対応していくには、何度も何度も繰り返せば可能だと考えられる。
英和事典や和英辞典などを活用すること自体は、至って有意義なことですが、英語の学習の初級の段階では、辞書ばかりに頼ってばかりいない方が良いと言われます。
別の作業をしつつ英語を聞き流す事も大切ですが、1日20分程度は聞くことに専念して、スピーキング学習やグラマーの勉強は、集中して聞くということをしてから行いましょう。

英語を学ぶには、相手の言葉をそのまま繰り返すリピーティング、シャドウイング方式、「聞いたことを書き出す」ディクテーションなどの種々の効果の高い学習方式がありますが、駆け出しに絶対不可欠なのは、十二分に聞き取るという方法です。
なんで日本の人たちは、英語でしばしば使われる「Get up」や「Sit down」と言う時に、言葉を区切って「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」などと発音するものなのか?こういう場合は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきだろう。
有名な英語能力テストのTOEICの挑戦を決めているあなたには、スマホ等のプログラムの『TOEICリスニングLITE』というトレーニングプログラムが、ヒアリング力の向上に非常に効果があります。
英語を鍛えるためには、スポーツ種目のトレーニングと類似しており、あなたが話せそうな内容に近いものを選んで、聞き取ったそのまま表現してひたすらエクササイズするということが、特に肝要なのです。
コロケーションとは文法用語で、自然に連なって使われる2、3の単語の連なりのことで、ふつうに英語で話をするためには、コロケーションそのもののトレーニングが、ことのほか重要になります。

iPhoneなどのスマホや携帯情報端末の、英語のニュース番組プログラムを毎日使うことで、耳が英語耳になるようにトレーニングすることが、英語上級者への最適な手段なのだと言える。
世間一般では、英語の学習という面では、辞典というものを効率よく使うということは、めちゃくちゃ重要だと言えますが、事実上、学習において、始めの頃には辞書を活用しない方が後々にプラスになります。
「30日間英語脳育成プログラム」という英会話トレーニングは、耳から聞いたことを話してみて、何度も継続して復習します。とすると、英語を聴き取るのがすばらしく躍進するというトレーニング法なのです。
会話練習は、初心者にとっては普通の会話でちょこちょこ使われる、基準となる口語文を系統的に何度も鍛錬して、ただ記憶するのではなく円滑に言葉として出てくるようにするのが大事だと聞いています。
英語の会話においては、よく知らない単語が入っている場合が、しょっちゅうあります。そういう時に効果が高いのが、会話の内容によって大かた、こんな内容かなと予測することです。